目次

  1. オーダーカーテン大阪
  2. オーダーカーテンの見積りのサービス
  3. カーテンはWEBカタログでもチェック可
  4. 裏地が付いているカーテン
  5. 洗濯ラベルが付いたオーダーカーテン
  6. 開きを選びたいオーダーカーテン
  7. シェードタイプのオーダーカーテンとは
  8. 規格外の窓に合わせるオーダーカーテン

オーダーカーテン大阪

自宅にはたくさんの窓があるでしょう。オーダーカーテンで同じ生地を使ったカーテンを利用してみませんか。まとまりが出て、自宅全体をよりおしゃれに見せる事ができます。インテリアにこだわりたいなら統一感は大切だと言えるでしょう。

カーテンを同じ物に揃えるだけでもしっかりと統一感を出す事ができるでしょう。生地だけしっかりと選んでおけば、後はそれぞれの窓のサイズをしっかりと測るだけです。一度に購入する事ができるので、引越しした時などにオーダーカーテンを利用すると便利でしょう。

オーダーカーテンの見積りのサービス

オーダーカーテンの購入を検討するにあたり、神戸の専門的な業者の見積りのサービスを利用することがおすすめです。現在のところ、リーズナブルな値段のカーテンについて、様々な情報誌や口コミサイトなどで取り上げられることが増えており、各家庭の経済的な事情に応じて、商品選びを始めることが有効です。

特に、カーテンの質の高さに注目をするにあたり、熟練のスタッフと念入りに打ち合わせをすることが望ましいといえます。その他、早いうちにオーダーカーテンの納期をしっかりと確認することで、将来的な問題の発生を防ぐことが出来ます。

カーテンはWEBカタログでもチェック可

大阪は昔から天下の台所として栄えた町です。鍛冶や貿易や商業、そして何より繊維産業が盛んな土地でした。今でも繊維産業は活気を持っており、大阪には各種繊維に関するサービスが豊富に用意されています。自宅のマンションの窓にピッタリと合うカーテンを探しているなら、オーダーメイドサービスを利用しましょう。

豊富な柄と多彩な素材、そして1cm単位でのカスタムオーダーメイドが可能となっていますので、普通のカーテンだと高さが幅が足らない自宅に暮らしている方はオーダーカーテンを取り付けてみましょう。WEBカタログを用意するお店もあり、わざわざ実店舗に行かなくてもネットで下調べ出来ますので、外出するのが億劫な方にもオススメです。

裏地が付いているカーテン

薄手のカーテンもありますが、中には裏地が付いているカーテンもあります。

裏地が付いているカーテンは、しっかりと遮光をする事ができます。近頃では夜間に仕事をしている人も多い様ですが、裏地が付いているカーテンを設置していると、昼であっても部屋を暗くしてぐっすりと眠る事ができるでしょう。しっかりと閉めておくと、まぶしくて眠る事ができないという事はないかと思われます。

また、裏地が付いているカーテンは、外の寒い空気が部屋の中に入るのを遮ってくれます。冬になると、裏地が付いている物の方が便利だと感じる事も多いのではないでしょうか。少しでも暖かく過ごす事ができるのではないでしょうか。

洗濯ラベルが付いたオーダーカーテン

きっとオーダーカーテンの裏面を見ると、洗濯ラベルが付いているかと思います。洗濯ラベルは、オーダーカーテンをお手入れする際にどの様にすればいいのかという事が記載されています。

記載されている通りにオーダーカーテンのお手入れを行う事によって、きれいな状態を長くキープする事ができるでしょう。

洗濯ラベルを確認せずにオーダーカーテンを誤った方法でお手入れをしてしまうと、劣化につながる事もあります。

オーダーカーテンのお手入れの方法というのは、生地によって違いますので、購入する際に目を通しておくのもいいでしょう。正しい方法でお手入れをする事によって、いつまでも買った時の様なきれいな状態を維持しましょう。

開きを選びたいオーダーカーテン

同じ生地を使用したオーダーカーテンであったとしても、開き方に種類がありますので、購入する際には自由に選ぶ事ができます。

オーダーカーテンを買う時には方開きにするのか、もしくは両開きにするのかという事を考えないといけません。部屋の利便性などを考慮してオーダーカーテンの開き方を決定している人も少なくありません。オーダーカーテンは開き方によって、使い勝手は異なります。

オーダーカーテンの開き方は、家具の設置場所や間取りなどによっても、使い分けるといいでしょう。毎日開閉を行いますので、使いやすい状態にしておくのが好ましいでしょう。また、見た目においても若干違ってする事が予想されます。

シェードタイプのオーダーカーテンとは

オーダーカーテンの中には、シェードタイプのものがあります。シェードタイプとは、機械の仕掛けで、上下に開閉できるもので、コード式とドラム式に分けられていますが、大きな窓には、チェーンがついているドラム式の方が、簡単に開閉しやすいと言われています。

シェードタイプは、カーテンのように左右に寄せる必要がないので、日中日差しを入れている最中でも、窓の周囲がスッキリしています。窓の側に観葉植物をおいたり、家具を置いたとしても影響することがないので、好きに部屋のレイアウトができます。またカーテンと違って、ひだがない分、生地そのものの風合いが、引き立つものです。

規格外の窓に合わせるオーダーカーテン

オーダーカーテンは規格外の窓に合わせて、オリジナルのカーテンが作ることのできるサービスとなります。

オーダーにおけるカーテン市場は多様化する住宅事情に比例して、伸びていてバリエーションも数多くあります。オーダーカーテンのセレクト方法においては、人によって異なり、見た目ももちろんですが、機能性や季節性、設置する部屋の方角や場所において変わってきます。

どうしても決めることができない場合には、コンピューターによるシミュレーションも可能となりますので、そのようなサービスをしているオーダーカーテン販売店を訪ねてみることをお勧めします。

オーダーカーテンについての関連記事

ページのトップへ戻る