担保なしで組めるリフォームローン

リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高いことがデメリットですが、担保なしで組めることがメリットです。

中古物件を購入して、すぐにリフォームをするのであれば、住宅ローンに含めたほうがメリットがありますが、すでに住宅ローンを組んでしまっている場合には、リフォームローンのほうが手軽に借りられます。

担保なしで借りられますが、借りられる金額はそれほど高額にはなりませんし、金利も高めになるので、大規模な工事には不向きかもしれません。100万円程度の小規模な工事をするなら、リフォームローンはおすすめできます。

リフォームローンと年末調整の方法について

リフォームローンの契約プランの内容をきちんと理解するにあたり、年末調整の手続きの取り方をマスターすることがおすすめです。

最近では、リフォームローンの利用を検討しているサラリーマンの数が全国的に増えてきていますが、様々なコストの負担を軽減したい場合には、常日ごろから相談先を見つけることが良いでしょう。

また、年末調整の仕組みについては、それぞれの勤務先によって、わずかな違いが見受けられることがありますが、将来的なトラブルを防ぐために、リフォームローンの利用価値の高さに目を向けることがとても効果的です。

リフォームローンと金利について

リフォームローンを選ぶ時にまず意識をする事のひとに金利があります。少しでも低い金融機関を利用したいと考える人は少なくありませんが、担保や保証人の有無、利用できる金額、必要な書類の内容等、様々な事を総合的に比較検討しておくことがおすすめです。

リフォームローンの場合、固定か変動かをしっかりと考えて選ぶ事が重要になってきます。

固定の場合、やや高めになっていますが、急激に金利上昇する状況になっても、その上昇が反映される事はありません。そうした事もしっかりと考えて、最適なリフォームローンを選ぶ事が大切です。

各金融機関のリフォームローンの適用金利

金融機関によってはリフォームローンという名称でローンを用意していない場合もありますが、リフォームに使うことができるローンでは金利がさまざまです。

リフォームローンという商品で存在する場合のほうが適用金利が低いケースが多く、幅広く利用できるフリーローンでは15%近い金利になることもあります。リフォームではかかってくる費用も改修個所によってことなります。金利の低いローンであれば1%程度のものもありますが、審査が厳しくなりますので、まとまった資金を必要としない場合は多少金利が高くても契約までがスムーズの金融機関を選ぶのも手段の一つです。

リフォームローンについての関連記事

ページのトップへ戻る