リフォームローンの組み方について

リフォームローンの組み方を正しく理解するためには、長い時間がかかることがあるため、常日ごろから実績の銀行の担当者と念入りに話し合いをすることが望ましいといえます。

新しいリフォームローンのサービスが導入されている銀行のメリットやデメリットについては、多くの消費者にとって、興味深い課題として、重要な事柄となりつつあります。

そこで、リフォームローンの契約時の注意点について知りたいことがある場合には、無料相談の仕組みが整っている銀行に問い合わせをすることが成功のポイントとしてみなされるようになっています。

契約金額や年代で異なるリフォームローンの利用率

住宅リフォーム推進協議会の平成26年度第12 住宅リフォーム実例調査によると、銀行などからの融資を受けたリフォームローンの利用率について次の様なことが分かりました。

契約金額が 1,000 万円を超える場合には、全体の2 割以上がリフォームローンを利用しています。戸建てでは27.6%で、マンションでは20.0%です。そして、契約金額が高額になるほど高くなります。契約金額が100万円以下では、戸建てでもマンションでの全体の約3%以下です。また、若い人ほど利用率が高いです。

30代以下の人たちは、戸建てで約 4 割、マンションの場合は、約2割がリフォームローンを利用しています。50代では、戸建てで約16%で、マンションでは約10%です。

リフォームローンの提携先について

リフォームローンの利用を検討するにあたり、大手の銀行の提携先の業者の選び方にこだわることが肝心です。

近頃は、ニーズの高いリフォームローンの利便性の高さについて、実に様々なメディアでピックアップされることがあるため、空き時間を使いながら、すぐに便利な知識を身に着けることができます。

話題性のあるリフォームローンのほとんどは、手数料がリーズナブルであることが分かっており、本格的に契約先のプランの内容を理解するにあたり、担当のスタッフから助言を受けることで、納得のゆく対応を受けることが可能となります。

リフォームローンを契約するときに

住宅のリフォームのためにリフォームローンを契約するときには主に次の種類があります。フリーローンやカードローン、住宅限定のリフォームローン、宅地の取得や住宅の新築に増改築などに使える住宅ローンです。

規模が小さいリフォームだと借入金額が少ないので担保なしのローンも良いですが、金利が高めで返済期間が短いので毎月の返済額も大きいです。大規模なリフォームで借入金額が大きいと担保有りのローンなので、返済期間が長くなり金利は低いです。ただ住宅ローンと同じように審査も厳しく諸費用がかかります。

最近はリフォーム費用に対応している住宅ローンもあり、中古住宅を購入してからリフォームをするときは住宅ローンにリフォーム費用も組んで一緒に借りたほうが手続きや諸費用も少なく金利も低いです。

リフォームローンについての関連記事

ページのトップへ戻る