いろんな用途があるプリザーブドフラワー

置き物として加工される事が多いプリザーブドフラワーですが、実はいろんな使い道があります。

アクセサリーに加工して身につける事もできます。コサージュなどであれば、本物の花を使ったプリザーブドフラワーであれば造花にはない様な美しさを楽しむ事ができるのではないでしょうか。また、髪につけるヘアアクセサリーに加工するのもいいですね。自然の物ですので、どれ一つとして同じ物はなく、それぞれ違った物になります。それもまた魅力的です。

完成した物を購入するのもいいですし、また自分で手作りというのもいいですね。プリザーブドフラワーは保存加工が行われていますので、すぐに枯れてしまう事がなくずっと使用する事ができます。

プリザーブドフラワーの資格を取りたい

ただ趣味としてプリザーブドフラワーを行うというだけでなく、仕事にしたいという人は、資格の取得を考えてみてはどうでしょうか。資格を取得している事を履歴書にも記入する事ができますので、技術をアピールする事ができるかもしれません。

プリザーブドフラワーの資格はもっと高いレベルを目指してたくさんの人が取得を目指している様です。何か手に職を付けたいと考えている人にはピッタリかもしれません。

お花のスクールでも資格試験対策の授業を行っている所もある様です。目標を持って学ぶ事で、励みになる事もあるかもしれません。プリザーブドフラワーの資格を得る事ができれば、将来は関連に仕事に就く人も多い様です。

寒い時期にはプリザーブドフラワー

挙式と言えばあちこちにきれいな花が飾られています。とてもきれいですね。テーブルの上やチャペルの中、時には床一面に花びらが敷き詰められているという事もあるかと思います。例えば、真冬の寒い時期にこれだけたくさんの花を準備するのは大変な事と言えるでしょう。そこで、生花に代わって使われる事が多いのがプリザーブドフラワーです。本来は生花ですが加工が行われているため、枯れたり、しぼんだりする事はありません。

プリザーブドフラワーが優れているのはその見た目です。生花との違いがあまり分からないほどリアルです。ですので、招待したゲストの中には気が付かない人のいるのではないかと思います。

プリザーブドフラワーのアレンジ

お客さんから依頼されてプリザーブドフラワーのアレンジを行う場合には、自分が作りたいと思う物を自由に作る事はできない場合が多いでしょう。

お客さんがどんな物を作って欲しいのか、という細かい要望を聞き取り作品の中に盛り込む必要があるでしょう。

中には価格帯だけ伝えて後はプロにすべてお任せします、という人もいるかもしれませんが、細かい要望を伝えてくるお客さんもいるでしょう。そのために、プリザーブドフラワーの作業に取り掛かるまでに、顧客と話をしてどんな物を作って欲しいのか、という事をよくヒアリングしておかないといけませんね。

そして、完成したプリザーブドフラワーを届けた時には、喜んでもらいたいですね。

プリザーブドフラワーについての関連記事

ページのトップへ戻る