カーテンの平均価格

アバウトな答えで申し訳ありませんが、素直に答えるなら「ピンキリ」です。

これはカーテンに限らずどんな商品でもそうですが、特にカーテンの場合は質に幅があり、薄手の生地からしっかりとしたスクリーンやハネまで、それによって値段は大きく異なります。

しかしそうは言ってもある程度の金額っていうものがありますので、それを一例として挙げさせていただきますと、既製品の場合(サイズが決まっています) 100cmで1万円以下のものもあります。

しかし既製品で済む場合は限られているので、基本的には自分の窓に合わせてカットしてもらうことになってしまうのですが…。

オーダーカーテンを扱うお店

今では実にたくさんのお店でオーダーカーテンが売られています。

どんなオーダーカーテンが欲しいのかという事によって、自分が選ぶべきお店も違ってくる事でしょう。特にブランドによってオーダーカーテンのデザインのテイストは大きく違ってくる事もあります。

オーダーカーテンを買うからには、やはりデザインも気に入った物を買いたいと考える人が多いでしょう。お店選びをするという事も大切でしょう。

まだ、どんなオーダーカーテンを買うか決まっていない場合には、まずはできるだけたくさんのお店の商品をチェックしてみるといいでしょう。そうすると、自分が欲しい商品の方向性などが明確になるのではないかと思います。

ひだに注目したいカーテン

同じ生地を使用したカーテンであったとしても、ひだの状態によって雰囲気が異なる場合もあります。

カーテンでもしっかりと柄や模様が入っている物については、あまりひだがない方が、きれいに見える事もあります。また、ひだが入っているカーテンは、質感がきれいに見える事もあります。その際にカーテンに使用する生地の質感というのは重要になって来ると思われます。

カーテンを買う時には、ぜひひだに注目するといいでしょう。また、ひだが多く入っている物については、外の空気を部屋に入れにくくする事ができますので、結果として冬に暖かく感じられる事もあるでしょう。デザインはもちろん機能についても考えましょう。

保温効果のあるカーテン

設置しているカーテンに保温効果がある物であれば、感じる寒さが少し軽減される事もあるでしょう。

同じカーテンでも特徴がある場合もあり、使いやすさや快適性がアップする物もあります。保温効果のあるカーテンと言っても、いろんなデザインの物が販売されている事もあります。

保温効果のあるカーテンというばかりではなくて、同時に他の機能が付いている物もあります。

毎日の生活において欠かす事ができないカーテンについては、できるだけ使いやすいと感じる物を選びましょう。探してみると既製品でも優れた物が多いですが、細部においても妥協はしたくないと考えるのであれば、オリジナルの物を注文するという方法もあります。

みんなの希望を考えてカーテン選び

人によって選ぶカーテンは同じではない事もあります。それは家族であってもカーテンを選ぶ際の趣味や趣向というのは違ってくる事もあります。

もし、家族の分までカーテンを買わないといけないという時には、できるだけみんなの希望を考えて選ぶと、きっと喜んで使ってもらう事ができるでしょう。遮光やデザインというのは特に好みが分かれてしまう事もありますので、事前にどんなカーテンが欲しいのかという事をヒアリングしておくといいでしょう。

家の中でもリビングはみんなが集う場所となりますので、思い切っていいカーテンを選ぶのもいいでしょう。そして、出窓やちょっとした小さい窓にも設置するのもいいでしょう。

充実した既製カーテン

これからカーテンを買う時にはオーダーするか既製品にするかという事が分岐点となる事でしょう。

自在性に優れているのは、やはりオーダーカーテンですが既製品も種類が充実していますので、インテリアが大好きな人であっても、多いに満足できる物が見つかる事もあるでしょう。

既製カーテンは、適した物を選ぶだけです。また、既製カーテンは購入するとすぐに持ち帰って設置する事ができるというのも便利です。オーダーカーテンを考えているという人であったとしても、一度は既製品をチェックしてみるのもいいでしょう。お店に行って、素敵な既製カーテンがたくさん売られていると、どれにしようか迷う事もあるでしょう。

カーテンについての関連記事

ページのトップへ戻る