形状が異なるカーテン

カーテンと聞いて真っ先に思い浮かべるのは「ヒラヒラ」としたカーテンだと思います。

もっとも一般的な形だと言えますが、実はカーテンには他にもたくさんの種類があるのです。

例えば以下のようなものがあります。

ブラインド
左右どちらかの端に取り付けられたヒモを引くことにより、何枚にもずらして重ねられたハネを巻き上げるタイプのものです。

太陽にほえろで石原裕次郎が窓から外を見るときに二本指でハネを押さえるシーンがありますが、あれがブラインドです。

縦型ブラインド
ブラインドのハネを縦に向けたイメージで、ヒモを引くと左右どちらかにまとまっていきます。スクリーンのような材質のものが多く、オフィスなどで利用されることが多いです。

価格帯で選ぶオーダーカーテン

事前に予算を検討してからオーダーカーテンを買う場合もあるでしょう。

オーダーカーテンに対して無制限に予算を費やすという事ができない場合も多いと思われます。特にオーダーカーテンは引っ越しの際などに購入する人が多いので、他の家具などに費やす予算もありますので、バランスを考える必要があると思われます。

オーダーカーテンの価格帯については、数千円と手頃な物もありますが、高い物であれば、数万円程度の物もあります。

また、オーダーカーテンは種類が非常に多いので、事前に予算を絞り込んでおくと、商品を選ぶ際にも、きっと決定しやすいと思います。いくらの物が欲しいのかじっくり考えてみましょう。

北欧テイストのカーテン

きっと北欧テイストは流行していますので、この様なカーテンが欲しいという人も多いでしょう。

北欧テイストのカーテンは明るい色調のカラーが多く使われている事もあり、可愛いカーテンを見ていると元気になれる事もあるでしょう。

北欧テイストのカーテンは、女性に人気がある様ですが、子供部屋に設置するにも向いている事が多いでしょう。

また、北欧テイストのカーテンと言っても、いろんな種類があり、たくさんのメーカーから販売されています。すぐに自分が思っている物を見つける事ができなくても、探し続ける事でお気に入りの一点に出会える事もあります。お気に入りの空間にしたいという人は、注目してみるといいでしょう。

遮熱カーテンで涼しく快適

夏になると活躍するのが遮熱カーテンです。

遮熱カーテンがあると、外の暑い空気が室内に入って来るのを防いでくれる役割を果たしますので、快適性はアップすると予想されます。

30度を超える様な暑い日には特に遮熱カーテンの利便性を感じる事でしょう。たくさんのお店で遮熱カーテンが売られていますので、お店に行ってお気に入りの物を探してみましょう。

しかし、遮熱カーテンは寒い冬には向かない事もありますので、その場合には別途季節に適した物を用意して取り付けるといいでしょう。部屋の中でいる時に少しでも過ごしやすくしたいという場合には、この様にちょっとした工夫により改善する部分もあるでしょう。

在庫が少ないカーテン

売れ筋のカーテンはたくさんの人が買い求めている事もあります。そのため、カーテンの中には在庫が少なくなってしまっているものもあります。

在庫が少ないカーテンを、買おうかどうか迷っているという人は、ぜひ早めに結論を出す様にしましょう。場合によってはカーテンが売り切れてしまって、手に入らないという事も考えられます。

一旦カーテンの在庫を切らしてしまうと、再度入荷される物もあれば、今年限りのデザインの物もあります。在庫が残っている時がチャンスと言えるのではないでしょうか。また、希望のサイズがあるかという事も重要になります。希望のアイテムが見つかってもサイズが合わないと買えません。

ホームセンターで購入するカーテン

どこでカーテンを購入するかという事についてですが、街のホームセンターでも取り扱われている事もあります。

特に細かいこだわりがない様であればホームセンターでカーテンを購入するのもいいでしょう。専門店などと比較してみると、カーテンの種類は十分とは言えない事もありますが、過度にどれにするかという事で迷う事なく買い物ができる事もあります。

また、ホームセンターの場合には、カーテンだけではなくて、他の収納家具などと一緒に購入するという人も利用できます。ただカーテンだけを買う人だけではなくて、更にDIYを楽しむ人の中にも、日常的にホームセンターを利用するという人もいるみたいです。

カーテンについての関連記事

ページのトップへ戻る