プリザーブドフラワーの歴史

プリザーブドフラワーの名前の由来はpreserved 、保存するや長持ちさせる言う語源からプリザーブドフラワーと呼ばれています。

プリザーブドフラワーが誕生したのは1991年。フランスで誕生しました。ブリザーブド溶液を生花に吸わせ、保存状態によっては10年は花が咲いた状態をキープすることができます。

日本へ輸入され始めたのは1996年頃からで、現在では日本にも深く浸透し、フラワーアレンジメントやブーケといった状態だけではなく、アクセサリーやコサージュなど、色々な形でプリザーブドフラワーが使用されています。

お花屋さんやインターネットでも手軽に購入することができ、現在では各地にプリザーブドフラワーを作成する教室などもできており、見て楽しむたけではなく、作る楽しみとしても親しまれています。

プリザーブドフラワーのメリットとデメリット

お花が好きでリビングや寝室など、そのお部屋お部屋に合った花を飾りたいと願う人も多いのですが、花粉が部屋にまんえんしてしまうために、飾ることすらできない方も多くいらっしゃいます。

生花をお部屋に飾ることは、気分にも変化が出てきますので、インテリアとしても飾りたいと願っても、体調などの面があり飾ることを諦めてしまっている方も少なくありません。こういった方はプリザーブドフラワーをお部屋に飾ることを検討してみては良いのではないでしょうか。

プリザーブドフラワーは生花を特殊な方法で保存し続けることができる技術なのです。しかも、花粉によりアレルギーの心配が無いのです。ですから、お花が好きでもお部屋に飾ることができない人も、生花を飾るのと同じ状態でアートフラワーを楽しむことができるのです。しかも、保存状態が良ければ、10年ほども綺麗な状態で飾っておくことが可能なのです。

そんなプリザーブドフラワーですが、極度の湿気と乾燥には弱く、水がかかってしまう箇所や加湿器などの部屋のなかでも湿度が以上に高い場所などには置かないようにしておきましょう。

クリスマスはプリザーブドフラワーで演出

クリスマスは、大人の方もお子様も大変楽しみにしている大切なイベントです。クリスマスの聖夜を美しいプリザーブドフラワーを使用して、演出したいと思っている方が増えています。

プリザーブドフラワーは、特殊な薬剤を使用して生花を美しく加工しているので、長い間美しい状態を保つことが出来ます。

プリザーブドフラワーを使用した、小型や中型の豊富なサイズが揃っている素敵なクリスマスツリーが数多く販売されているので、使用するとお部屋を美しく飾ることが出来ます。クリスマスの聖夜を美しく演出することが出来るので、多くの方に利用してほしいです。

自由に着色できるプリザーブドフラワー

一度脱色して、元の色を抜いてから別の色を付ける事ができるのがプリザーブドフラワーの特徴の一つです。これを活かして、元の花と同じ色に着色する事もできますが、全く違う色に着色する事もできます。

自然にはない色に着色する事もできます。

しかし、あまりユニークなカラーにしてしまうと、不自然な感じになってしまいますので、ありそうな色に着色すると自然な美しさを表現する事ができるでしょう。プリザーブドフラワーの花束を作る時には同系色でまとめたいという事もあるでしょう。また、補色を使いたいという事もあるでしょう。

希望する色の花が見つからない場合には、着色する事で対応する事もできますね。

プリザーブドフラワーについての関連記事

ページのトップへ戻る